ym

随想33

ラインホールド・ニーバーの本が新しく翻訳され岩波文庫で出たと思ったが、それを買わずに社会学の本とノージックの本を買った。もしかしたらニーバーを買っておいたほうがよかったかもしれない。ニーバーには宇野さんがゼロ想でそれを引用したことでも有名な以下の文句がある。

 

「神よ変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与えたまえ。」

 

つくづく、変えられないものに振り回されるのは苦痛である。それは大したことのない話なのかもしれないが、大したことのない話で人は容易に追い詰められるというのが、まるで客観的な雰囲気をまとってこのように文章を書く自分だからこそ、非常によくわかる。

 

たくさん文章を書くのも疲れることで書いても読まれないので虚しいのだが、しかしここに関しては本質的な絶望はなくて、それでも書くべきだ・書かれるべきだ、と思っている。そのことはよかった。それはそれとして、読まれることの利便性やリソースのコントロールとして書かれる分量が調整されるとよいな、とは思う。

 

 

そういえばその観点から書こうと思っていたことがあるのだが、売文業についてである。たとえば吉本隆明浅田彰(もしくは三島由紀夫)ですら売文的な仕事をしており、なんとなればそれこそが重要な仕事なのだと思えば、この話は最初からお仕舞いなのだが、普通に話すにおいては売文とは主業ではない。

 

主要な仕事は価値を生み出すことなのだが、商品を作るというのは付加価値を生み出すことなので、まるでそれが価値を生み出すことのように思えてしまうが、実際には刹那的な娯楽を消費的に生産しているのにほかならず、それは売上を立てるという点では極めて重要(というかそれだけが重要)だと認識する一方で、本当に重要なことはそれではない、とも強く思う。

 

商品というは何かというマルクス的な分析を本腰をいれてやりたくもなるが、ここでしようとしていたのはそれではなくて、令和の売文として僕がSNSコンテンツのことを考えている、ということだ。ツイートやショート動画のような一瞬で過ぎ去るもののことを考えればわかりやすいが、そういったものを寄せ集めたコンテンツに何の意味があるのだろうか。要はみんな瞬間的な大喜利をしているだけだ。中には本物もあると思うが、情緒不安定になった世界の浮き沈みに一喜一憂する業態に、価値なんてないと思わされる。

 

書きながら想起したこととして、ショートコンテンツの隆盛に対照をなすように、長時間の配信コンテンツがマネタイズ面でも重要な存在感を放っている。VTuberがその典型だが、近年はホストがこぞってそれを行い大きな金銭を動かしている。もちろんゲーム実況者もそのような存在である。長い時間を共有するということが、ほとんどそのまま付加価値に繋がっている。もしかしたらこれは、価値、なのかもしれない。それは悪いことではない、と思う。

 

何もかもどうでもよくなってくる。割り切るのではなく、切れるということが必要なのだと思う。

随想32

タイトルをつけるというのは編集である。そして編集の中でもトップクラスにたいへんな仕事の一つであると思う。ややこしいのは、当然ものを書く人もタイトルをつけたりするのであって、編集者の編集行為と物書きの編集行為があり、これは見た目上同じように思えるかもしれないが、色々な意味で違うといえば違うものである。まあそんな面倒なことを言うまでもなく、単に言いたいのは、タイトルをつけるのは大変だということだ。だからこの雑記をいちいちタイトルをつけなくて済むように「随想n」としたのは、慧眼だったなと思う。そうでなければ空にするか「無題」にするかせざるを得なくなり、管理上大問題になっていただろう。とりあえず書けるということはいいことだ。

 

社会生活(そしてそれは私生活を覆っているのだが)上のあまりにも巨大な問題にすっかりやられており、正気を保つのが難しい。身から出た錆といえばそうなのだが、それにしても厳しく苦しい。この二週間強はすっかり頭がおかしくなってしまったが、体力的にはこの二ヶ月やそこらがだいぶ痛めつけられてしまった。こんな生き方は間違っているという気持ちを極めて強くさせられる。生存に関わるので、絶対におかしいから、こんなことはやめねばならぬが、やめたあとどうしていこうという弱みを感じるも、死ぬよりは全てマシではないかと思わされる。そんな風になる時点で間違っているのである。そうしてこの数日は現実逃避のための浪費的行動ばかり取ってしまった。このままさらにそれを突き詰めてしまいそうで、それはあまりにも自傷的というか、自己破壊的であるから、この辺で止めておきたい。そう思って文章を書いている。

 

こういうことを書く場所もないなと思っていたが、ただの息遣いを記録する場所としてはてなを置いていたことはまあよかった。SNSはつくづくネガティブなことを書くのに向いていない。こういう弱気は人に悪影響だし、知らせることで大騒ぎしたいわけでは決してないが、一人では耐えきれぬというような気持ちだから書かれるものであって、実に繊細な取り扱いを要求される。こういうのは僕ひとりに起きることではないだろう。とはいえ表面上誰かの役に立つとかそういうことでもないのだから、すっかりマーケティングの場になったSNSではほとほと向いていない。僕自身も、どうせやるならせめて結果的に人の何かしらになるものであるべきであって、しかし壊れたおもちゃ扱いされて消費されることを望んでいるわけでもないから、ネガティブなことを書くというのはやはり気が進まない。人は読んでもらいたいからこそ書くのだが、そういうときに、読んでもらう人を制限しながら発表するというのは逆説的に難しい。

 

こういうのは使い分けであろうとほとほと思う。繰り返しになるが、その意味でははてながあってよかった。そういえばblueskyが一般登録を開放したので僕も登録した。しかし、SNSはもう数がありすぎる。念のためアカウントを取得はしておいたが、そんなにたくさんのSNSを扱えるわけがない。Threadsもそこそこ市政では稼働しているようだが、僕からしたらTwitterInstagramだけでキャパシティオーバーだ。Instagramなんて全く使えていない。人類にはSNSは早すぎるというよりは多すぎる。一瞬だけPostを少し頑張っていたこともあったが、外国人ユーザーとコミュニケーションが取れてわるくなかったが、自分の本懐としてやっている感じでもなく、継続を継続するためのモチベーションを維持できるには至らなかった。頑張るべき戦場があるのとともに、頑張れる戦場というものもある。

 

何だかんだでTwitterを使っていくのだろうと思う。それから人に向けて書くものはおそらくはNoteに集約されていくだろうとも思う。Noteの使い方もいまだにあまりしっくりこない。僕はマーケティングに向いていない。ジャンルを絞るのもいまいち難しい。ビジネスそのものではないかもしれないが、ビジネス的に割り切るのがとても難しい。仕事に向いていない。ヴィトゲンシュタイン的な意味での「仕事」には興味はあるが、現代においてはそれはほとんど「趣味」と変わらない。

 

こういうことを思っているのは僕だけではないと確信しているし実際そういうクラスタも明確に見えているのだが、一方で労働をしていると労働に適応したエリートたちの姿ばかり見るので、全くどうしようもない。割り切れないからこそこうなっているのである。この苦しみを他の人も持っているのだとすれば、だとすれば、それを解きほぐしてさしあげたいという気持ちになる。だって、わかってもらえないでしょうから。

 

随想31

とにかくとにかくとにかく時間の流れが速い。

 

という冒頭の文章だけを恐らく1/12か1/13に入れたのだが、今は1/15の深夜だ。とにかく時の流れが速い。

 

人のために文章を書くというのは、書く分野においてもっとも能力が必要なものだと思うが、学ばずにずっとここまできて、やるたびに「もう嫌だ」と思ってきたが、いよいよもって「もう嫌だ」が高まった。それでもやってしまうのはほとんど依存症か自傷癖によるものだが、やりたいからではない。

 

向いている仕事と向いていない仕事がある。仕事は人のためでなければならないが、自分が楽しくなければパフォーマンスは出ないだろう。「仕事を好きである必要はない」という言説もあるし、その正しさもわかるのだが(楽しもうと思ったら楽しくないときにそれが強調される)、楽しさを度外視してする仕事には絶対に「楽さ」が必要だ。いずれにせよ人間は「楽」から逃れられない。

 

随想30

異常に時が経つのが早い。昨日まで12/29だったはずと思っていたが、なぜかもう1/6だ。用事でまる一日潰れたことが数日あったが、それにしても異常な速さ。もう俺には時間がないのかもしれない。これほど時間の速さを感じるのは人生でも初めてのことに思う。

 

睡眠だけはしっかり取っているが、根源的な疲労のせいか、夜に稼働できなくなりつつある。毎日二万字くらい処理をしているが、しかし、単にそれが異常なだけなのかもしれない。

随想29

頭が割れるように痛い。さっさと別にこれが理由というわけでもないが仕事にならない。そのことのわかりやすい理由とでもなるかのように生じている痛みだとすれば、あまりにも迷惑にすぎる。群発頭痛の手前ほどの痛みではないかと思う。そうであるならばさっさと病院に行くべきでしかないのだが、これまたあまりにも気が進まなすぎる。直接的な契機は、長年に渡る禁煙を数年前にやめて以来、吸ったり吸わなかったりを繰り返すなか、最近はあまりにも電子煙草を吸いすぎているのだが、頭が真っ白になって目眩がひどくなるのでgloをやめて、iqosを混ぜるという仕草を行っていた。電子はタールが出ないのでその分吸いやすいという逆説的特徴があり、かえって吸いすぎてしまうので途中で逆に紙煙草を混ぜるとやりすぎずに済むという、おかしな感触を得ていたのだが、火をつけて紙を燃やす煙草を途中に混ぜるとあまりにも管理がだるすぎるのでそれも嫌になり(味が嫌いなわけではない)、gloとiqosを混ぜることになった。余談だが昔VAPEをやっていたがあれは全く空疎な上記であってほとんど意味がないが、意味がない割にとにかく不健康そうな蒸気を吸う羽目になりそうで、僕も完全に捨て去ったしい今となっては全く情報を見ることもなくなった。第三の電子煙草といえばploom TECKで、これはライターを持ってはいないが、バーで自由に吸えるというサービスに接したことがあり、何回か喫したことがあるが、悪くないなと思った。後述の理由により、これも導入する可能性がある。

 

電子煙草など吸わぬでよいなら吸わないのがよいに決まっているのだが、様々な病みによってこの悪癖に囚われてしまっている身分においては、離脱を目指したいのはやまやまだが、意味がないどころか有害なのに吸い続けてしまうような矛盾に襲われる。それをどうするかはまた別問題なのだが、とにかくgloはたくさん吸える代わりに肺や脳に白煙が満ち渡るような感覚があり、それが別段快感だということはないどころかむしろどちらかといえば不都合なのだが、そのようなことによって身体の動きも鈍化して停止へと向かうことになる。これは紙煙草におけるヤニクラに似ているかもしれない。ところでこれは意外かもしれないが、gloとiqosでは当たりが違う。当たりというのは触り心地で、味わいともまた違う感触なのだが、効いている部位が違うという感じがあり、吸うことによって痛む部分も違うという感じなのだろうと思う。変な話だが、gloを吸った状態でこれ以上吸ったらヤバいなと思うところでiqosに切り替えると、それまでとは違うポケットに入るようで、総合的な健康としてはさらにヤバいと思うが、短期的には苦しまずにまだ吸える。まさに別腹である。何ならiqosの方が頭や胸が真っ白に占められる感覚がないので最近は気に入ってきて、さらには愛用していたテリア・オアシスパールが最近の出張先で購入しようとしたところ実は人気すぎて都心などでしか売られていなかったという事実に直面し、そのことによってさらなる愛着が芽生えて吸っていたところで、吸いすぎてしまった結果だろうか、吸っていたら割れるように頭が痛くなるという事態に至った。ちょうどアルコールの摂取しすぎにこれは似ているかもしれない。僕は非常に酒に弱く、一杯で出来上がるというか何なら一杯も飲めないかもしれないくらいであり、そうはいっても飲むだけなら6杯くらい飲めるが、その後にたいへんな頭痛や吐き気に襲われるし、最近はとうとう一杯未満でそういう目に遭うことも出てきてしまった。とはいえ吐くのはサブの事象であって、主要な苦しみは頭痛だ。それに似ている。頭の血管が緊張し、締め付けられるように痛む。

 

まあだから何だという話で、これを読んでいる奇特な人々にはまったく喫煙には近寄らないことをおすすめする。いいことしかない。僕も可能なら一刻も早く離縁したい。しいて何かを語るとすれば、『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』で上映中に本当にひっきりなしに水木が紙煙草に火をつけて吸い続けるものだから、禁煙中の人はおろか、無縁の人にも興味を持たされたのではないかと思うところで、僕などはまあ終わったら一服することができるからいいかという気持ちになる程度で済むところだが、この映画といい『NANA』の劇場版といい、異常に美味そうに煙草を吸う描写をすることで観客の喫煙欲を刺激するというのは本当にインモラルなことだが、と同時にこれこそがエンターテインメントでもあると思うのだった。

 

実用性があるような見た目のまとまりを持った文章はnoteに打つ。いつまでやるかはわからないが、思いつきはこのはてなブログで。

随想28

あまりにも世界がひどいので絶望している。絶望するまで傷ついていることにしばらく気づいていなかったが、一日が経過するにつれて、先行的に病んでいく体を受け入れざるを得ず、事実としてそのようになった。もちろんそのような世界の有り様とは独立に自分の生活や労働が立ち行かないことによる病みにやられていることが本質だと思うのだが、疼痛のような神経痛もひどく、本当に堪える。そちらが上手く行っていれば、もしくは、それよりも前の過労が持ち越されていなければあるいはここまで窶れることにもならなかっただろうとは思うのだが。本当に困ったものだ。免疫力というのはこういう類のものであろうなとつくづく思う。窶れていても、ただ喰い物にされるだけだというのに。

随想27

とにかく体調が悪い。この数日寒さが極まっていることもそれに拍車をかけているが、基本的な原因は全て先週の出張生活の影響だ。必要だからやったことだが、代償が大きかった。まだしばらくこの類の話を引きずるかもしれない。

 

考えなしに設定したことではないし、むしろ気を回したことも多かったので仕方なかったが、人生はトライアンドエラーだ。やってみて自分の得手不得手や知らないこと、それから現在の自分のステータスなどがわかる。とにかく俺は今後は出張は日帰りを基本、難しくても一泊二日を目指すということに決めた。一泊二日を実現するために頭を回すことが大切だ。どんなにダメでも二泊だ。三泊は本当にダメだ。まあ旅行ならいいかもしれないが……いや旅行でもダメかもしれない。旅行でもダメかも、と思えることが学びである。

 

土日を休んでも全然回復しないため月曜も休みたかったところだが、前から入っていた作家と関係者打ち合わせのアポがあったため休むことはできない。午前中にアポイントを入れない主義としているが、これも経験に基づき「空いてるから入れよう」と入れると死ぬことがわかっているためにしていることだが、本当によかった。

 

打ち合わせはどんなお叱りを受けるかと勝手に怯えながら、僕にしては全く珍しく襟付きのジェケットなどを装着して出向いたのだが、全くもって快調に終わった。ただ快調さの先にある実利的成果まではゲットできなかったのだが、従前の懸念はほぼ全て払拭されたのでよかったし、なんというか人様のところに行くと我ながら「いいこと」をたくさん言えるもので、まるで自分が優秀ではないかと錯覚してくる。いいことというのはもっぱらアイディアや作家の方針に関することで、こうもできるああもできるということについて、前提となる分析や、具体的かつ全く無責任ではない提案を縷縷できたということである。

 

もっとも提案というのは出せばいいわけではないし、結果が出ればそれで全てが正しかったことになるのが勝負の世界なので、過程はとても大事なことだが、と同時に過程は全く全てではない。このジレンマがいつも厳しいが、事業は運任せな側面がありつつも運だけでは済まないので、膨大に金を使うことができないのであれば、過程にこだわるべきである。

 

自分ひとりで考えているよりは人と話しているときのほうが「こんなこともできる」「あんなこともできる」というようなアイディアが湯水のようにわいてくる。これは決して誰に対してもということではないので、同席した作家のポテンシャルあってのものだと強く認識しているが、それにしても自分ひとりだとここまで「あれもできる・これもできる」とは思えない。僕は精神的引きこもりなのですぐにひとりでやりがちだが、そしてそれを極めるべきだとも思っているが、他方で、それはそれなりにしても、人との繋がり方というものもあるようである。ポイントは、二人以上で考えればいい、という意味ではないところだ。複数人で考えても小田原評定みたいになりがちだという問題もあるし、むしろ重要なのは、重要な語りかけ相手がいる場合、自分自身のポテンシャルが引き出される面がある(相手自身が提案を持たなかったとしても)ということである。人は議論が重要だというし、逆に聞いてもらってばかりの話し相手というのも「話すことに意味がある」的な話に回収されがちだと思うが(それはそれで大きな意味があるが)、ここではさらに別な話として、誰かに話すということで自分が引き出されるという点が重要だと感じる。これは弁証法的な議論効果とは違うと思う。無理やり言うならば、アフォーダンスのようなものだと思う。

 

そんなこんなでまた自分を制御できず、長時間の打ち合わせを持ってしまって、非常に反省して帰るのだが、自分が引き出されるということの証明とも代償とも言える話として、このような営みのあとはたいへん疲れる。疲れるだけのことをしたわけだが、考えなしに体力を放出していては生存という長距離走を行うことができない。とにかく反省しなければならない。

 

午前中にアポイントを入れないのは重要なライフハックだが、もう一つ重要なハックは、人と会うのは2日に1回まで、である。放出したエネルギーを充填するためには1日くらいチャージ期間が必要である。疲れすぎているなあ自分と思っている人には、毎日誰か外の人と会って喋っていたりしないかということを確認してみるのがおすすめである。

 

そう考えるとこのような日記を長々と書いているのもライティングリソースを消費しているのがたいへん問題なのでできるだけ少なくしたい。少なくしたいのでそろそろ終わろうと思うが、一個だけ関連思いつきを喋る。確か丸山圭三郎ソシュールを読解する中で言語の構造主義的性質を饅頭に見立てて説明していた。いわゆる「犬」と「dog」の違いで、訳語としては対応しているが、それぞれの言葉が含意としてカバーしている範囲が違う。どうしてこういうことが起きるかというと、周辺の言葉との兼ね合いで領域が異なってくるからだ。周辺がギチギチなところに饅頭を詰めたときと、周辺がゆるいときに詰めたときでは、同じ饅頭でも形が異なる。こういうことだという話だ。だいたい一緒だが輪郭が変わるというか。饅頭よりも適切な例として風船を出していたこともあった気がするが、割れなくて弾力性がある風船を想定すれば、色んな形に変化することは想像しやすいだろう。

 

人間もこういうところがある、という話だ。実存主義構造主義が混濁したことを言うのだが、だいたい人間としては変わらなくても、どの隙間に入れるかで輪郭が変わる。これは朱に混じれば赤くなるとか、悪貨が良貨を駆逐する、というような質の良し悪しを述べる話ではなくて、純粋に形が変わるということだ。だから、今の環境で悩みを感じている人は、自分がはまる箱を変えてみたら状況が変わる可能性が極めて高いと思う。当たり前といえば当たり前だし、変わる前の良かった面が失われる面もあるだろうが、何も変わらないということだけは(環境が変わってるからそりゃそうだろう、という話と別に、自分の輪郭として)ないだろうと強く思う。